川口市社会福祉事業団

中期計画

「地域に根ざした福祉の推進」と「健やかに暮らせる社会の実現」を目指して

社会福祉法人川口市社会福祉事業団
理事長 水野敦志

介護保険法が施行されて以降、「福祉・介護のサービス」といった意識が定着し、介護を必要とする人が普段の生活の中で一般的に福祉サービスが利用できる社会が実現されました。

かつて、福祉や介護を支えてきた家庭や家族の関係が生活スタイルの変化により弱体化し、地域の社会的なつながりも希薄化するなかで、「福祉・介護のサービス」の需要は高まり、他業種の大手企業等が、これらの事業に参入し、介護ビジネスという分野が確立されるまでに至りました。

このように安定した福祉・介護のサービスが享受できるようになった一方で、独居高齢者や障がい者の孤独死、児童虐待、いじめ、DV(近親者による暴力)といったことが、社会的な問題として取り上げられていることも事実であります。

本事業団では、変遷する社会情勢の中、市が策定する地域福祉計画に基づき、高齢者、障がい者、児童などの各分野の福祉サービスが計画的に提供されるよう、そして民間事業者では担えない福祉サービスを市のセーフティーネットの役割を担いつつ提供し、官と民の持つ機能の補完を行いながら、地域福祉の推進に努めて参ります。

また、地方自治法の改正によって、地方公共団体が設置した福祉施設の経営が管理委託制度から指定管理者制度に改められ、法制上も、本事業団は民間事業者との競合が必至となっているところであり、これらについての対策も滞りなく進めなければなりません。

こうした大きな変化の中で、本事業団は自ら新たな役割や機能を確立し、市民の皆様のニーズに応える福祉サービスをしっかりと提供することを目標に川口市社会福祉事業団中期計画を策定し、自己改革を推進して参ります。

今後は、この計画に沿って、民間の社会福祉事業者の方々と地域における社会福祉事業の担い手としての役割を果たすと共に、先駆的な事業や地域の実情に応じた福祉に係る研究事業に取り組み、地域福祉の推進と良質な福祉サービスの提供に努めて参ります。

今後の事業推進にあたりましても行政はもとより、市民の皆様や各関係団体、福祉事業者の皆様によるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

資料「川口市社会福祉事業団中期計画(ビジョン)」から

このページの先頭へ

Copyright © 2017 Kawaguchi City Social Welfare and Medical Service Corp. All Rights Reserved.